大切な家族との最後の日々

 

父が肺癌と診断されたのは、

働き盛りのまだ50代の頃だった。

 

最近は、

癌であっても完治する場合も

多いって聞いていたから・・・

 

家族も父本人も

そこまで深刻に考えていなかった。

 

でも、色々な検査をしてゆく中で

肺の癌は別の臓器から転移した癌で、

手術は難しい末期の状態という事が

分かった。

 

それでも父はあきらめずに

抗がん剤治療などを試しながら

がんと闘っていた。

 

そんな中で、

何度目かの抗がん剤治療の最中に

白血球数が著しく低下し感染症に

感染してしまった。

 

医師にも危険な状態と言われて

遠方に住む親族も呼ばれた。

 

何日も父の意識が朦朧とした状態が

続き・・・

 

家族も危篤状態期間中に

「もうこのままだめかもしれない。」

とあきらめかけた。

 

危篤状態から奇跡の回復・・・

最期まで後悔を残さない為に

 

けれど、父は持ち前の精神力で

一時帰宅を許される程まで回復した。

 

そして一時帰宅を果たした父は、

その日から取り付かれたように

自分の持ち物の整理をはじめた。

 

定年したらゆっくり片付けるからと

言っていた思い出の品物や・・・

 

これまで大切に撮りためていた

趣味の写真までほとんど処分して

しまった。

 

まるで自分の死期を悟っている

かのように思えて家族としては

胸が苦しくなったけれど・・・

 

最期まで

きちんとしておきたいという

父の気持ちが痛いほど分かったから

家族としてはそのまま見守るしか

できなかった。

 

でも、

体調の悪い中で片づけを続けて

父はどんどん衰弱してゆき・・・

 

1日中寝たきり状態で

起き上がれない日が多くなった。

 

生前整理が思うように進まない

 

それでも父は

「あれ片づけ終わってないから

今日は起きる」と言って無理に体を

起こそうとする・・・

 

見かねた母が、

片づけを手伝おうとすると

烈火のごとく怒って手を

付けられない。

 

そんな中で兄が・・・

「家族にも見られたくないものって
あるんだよ。」

 

ってアドバイスをしてくれて

生前整理の業者を探してくれた。

 

父も兄のすすめには素直に

従ってくれて・・・

 

でも、それは他人だからこそ

父も気兼ねせずに任せる事が

できたんだと思います。

 

そして、

ベッドの中から業者の人に支持を

出して数日間かけて生前整理を

おこないました。

 

その時に、兄が利用したのが

遺品整理業者の料金やサービスを

比較しながら検索できる

「みんなの遺品整理」というサイトで・・・

 

紹介してもらった業者も良かったし、

遺品整理士の資格を持つ優良業者しか

掲載されていないという点も安心感がありました。

 

その後、

父が亡くなった後の大規模な

整理の際にもお世話になりました。

 

詳しい情報はこちらの公式HPへ

こちらから⇒「みんなの遺品整理」へ

 

余命わずかでやり残した事・・・

終活でやるべき事とは?

 

身の回りの整理が済んで

しばらくは父はスッキリとした顔で

過ごしていました。

 

ですが2・3日たった頃に

突然「まだやり残した事がある」

言いだしました。

 

祖父が急死した際に、

全く準備ができていなかった事で

親族間で骨肉の遺産争いが起こった。

 

 

自分が死んだあとに家族に

苦労は掛けたくないから・・・

 

銀行口座の預金や保険金、

遺品や資産の分配方法の確認を

事細かくおこなって行きました。

 

そして最後のわがままだけれど・・・

 

自分の葬儀は、

親しい友人と家族だけの家族葬を

自宅でしてほしい。

 

次男である父は墓を

持っていなかったので、

遺骨は海洋散骨にしてほしい。

そんな風に言い出しました。

 

余命わずかとはいえ、

まだ命があるうちに大切な家族が

亡くなった後の葬儀や埋葬方法ついて

考えるなんて・・・

 

そんな風に苦しい気持ちになりましたが、

父の強い希望で複数の葬儀社への

家族葬の見積もり依頼と葬儀の

事前予約をおこないました。

 

生前に葬儀の事前予約・・・

父の強い希望を叶えるには?

 

父の葬儀の希望としては・・・

 

①葬儀費用はなるべく抑えたい

 

②家族に負担をかけたくない

 

の2点を強く希望していました。

 

そして、できれば海洋散骨まで

一緒にできる準備をしておきたいと

希望していました。

 

そこで、

その点を満たす葬儀社を重点的に

選んでいった所・・・

 

最終的にスタッフの方の対応や

サービス内容・見積もり金額から

こちらの2社まで絞り込みました。

 

 

 

 

家族葬ファミーユ
 

☆安心の家族葬プラン充実

☆直営葬祭場利用可能

☆最大15万円の割引

 

「家族葬ファミーユ」は、

家族葬に力をいれている葬儀社です。

 

直営の1日1組限定家族葬ホールが

全国にあります。

 

心のこもった家族葬を適正価格で

おこなってくれると利用者の

評判・口コミも良いです。

 

無料会員登録で最大15万円の割引を

受けられる制度もあります。


※最大15万円割引の無料会員登録は

こちらの公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
⇒『家族葬ファミーユ』公式サイトへ
 

 

 
 
小さなお葬式
 

☆定額プラン(追加料金不要)
☆コストパフォーマンス◎

☆早割で6万6千円割引

 

これまでの不透明な葬祭業界に

価格革命を起こしたといわれて

いるのが「小さなお葬式」です。

 

明朗見積もり・追加料金なしの

(追加オプション等を除く)

定額プランが人気です。

 

お葬式にはお金をかけずに、

家族に多くの遺産を残したいと

望まれる方に選ばれています。

 


※こちらの公式サイト限定で、

無料の資料請求・割引券が貰えます

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⇒『小さなお葬式』公式サイトへ

 

 

 

最終的に父はどちらの葬儀社にするか

決めかねて判断は家族に委ねました。

 

これまで葬儀って

本人の希望は全く反映されずに

おこなわれてきたと思います。

 

ですが、

父のように自分の強い希望を叶え

家族の負担も軽減するというやり方も

これからの葬儀のカタチとしては・・・

 

理想的なのではないかと感じました。

 

この父の死をきっかけに

私自身も終活をはじめました。

 

ぜひ、

ご本人と家族に後悔の残らない

最期の時間を選択してゆけたら

良いですね。