数年前に父が癌と診断され、

抗がん剤治療なども続けて

来たんだけれど・・・

 

最近、

体力も落ちてきてやせ細り

一日中寝ている時間が増えた。

 

医師からも、

もう抗がん剤の治療は危険と言われ

緩和ケアを中心に行っている。

 

そんな矢先、

父が危篤状態におちいったと

家族から連絡が入り・・・

 

癌の危篤状態の期間とは?

末期がんの危篤状態・・・

 

家族が癌と診断されて、

治療を続けてきたけれど・・・

 

危篤状態に陥ってしまったら

その状態はどのくらい続くの?

 

危篤状態から回復する見込みって

無いの??

 

そんな風に不安を感じている

ご家族もいらっしゃるのでは

ないでしょうか?

 

そこで、癌で危篤というのが

どういった状態なのかという事を

詳しく見てゆくと・・・

 

⇒危篤の待機期間中に家族ができる事とは?

 

癌という病気は、

他の死亡率の高い脳梗塞や

心疾患と比べて経過進み方が

ゆっくりです。

 

ですので、末期の症状としても

一度目の危篤状態ですぐに亡くなる

というのは少なく・・・

 

危篤状態と回復を

何度もくりかえしながらじょじょに

体力を奪われてゆく場合が多いです。

 

癌の危篤状態に家族ができる事

 

ですので、

家族は危篤状態と回復のたびに

病院へ呼び出され一喜一憂し

疲れ果ててしまう事も・・・

 

そして、

癌が悪化してきて危篤状態に

おちいるほど悪化してしまうと、

そこから全快するという事は

かなり難しい状況です。

 

ですが、

脳出血などの突然の発症し

別れの言葉も交わす時間もなく

亡くなってしまう病に比べ・・・

 

癌は本人にとっても

家族にとっても、病と向き合い

死を受け容れていく時間が

多少なりと与えられています。

 

ですので、つらいですが

家族も少しずつ覚悟をして

ゆきましょう。

 

癌の危篤期間にできる事

癌の危篤期間・・・

 

本人や家族に残された時間が

あとどれくらいなのか?

 

神様以外は

はっきりとはわかりません。

 

⇒危篤状態・・・その後は?

 

ですが、

一般的に医師が危篤と判断して

家族を呼ぶのは余命2日程度の

兆候が見られた場合といわれています。

 

そして、癌という病気は

本人にも家族にも覚悟を決めたり

万が一に備えて準備をする期間が

残されています。

 

その期間中に、

なるべくできる事は

きちんとしておきましょう!

 

危篤期間中にできる事とは?

 

癌に倒れてから何度も

危篤状態におちいった。

 

その度に、

大切な家族の死を覚悟したけれど・・・

 

実際に、

家族に万が一の事があった際の

準備は全く手を付けていない。

 

そういった方は、

ぜひきちんと万が一の際に備え

きちんと準備をしておきましょう。

 

そして、

そういった際におすすめなのが

家族葬専門の「家族葬ファミーユ」

という葬儀社なんです。

「家族葬ファミーユ」は

心のこもった家族葬を適正価格で

おこなってくれると評判です。

 

さらに、

無料会員登録で最大15万円の割引を

受けられる制度もあります。

 

☆安心の家族葬プラン充実

☆直営葬祭場利用可能

☆最大15万円の割引制度



※最大15万円割引の無料会員登録は

「家族葬ファミーユ」公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
⇒『家族葬ファミーユ』公式サイトへ