大切な家族が危篤状態と

診断されて・・・

 

医師からも覚悟してくださいと

言われている。

 

それで、

万が一の時に慌てないために・・・

 

できる事から

少しずつ準備をはじめている。

 

それで本人も、

ずっと自宅に帰ってきたいって

言っていたし・・・

 

自宅の本人が慣れ親しんだベッドで

遺体を安置できないかと考えている。

 

でも、

そういった形式の遺体安置方法を

見た事がないんだけれど??

 

自宅のベッドで遺体安置

自宅ベッドでの遺体安置は?

 

亡くなるまで苦しい思いを

したのだから・・・

 

臨終後は、

慣れ親しんだ自分のベッドへ

連れて帰ってあげたい。

 

そんな風に考えるご遺族も

多いのではないでしょうか?

 

ですが、

現代の日本の建築様式は

戸建てであれば二階以上に

寝室がある場合がほとんどです。

 

それも、

階段は狭い廻り階段の場合が

ほとんどです。

 

ですので、

そこまで亡くなった方の体を

運ぶのはとても大変な事です。

 

そして、

もしご自宅で葬儀をするならば、

そこまで参列者の方に上がってもらう

必要もあります。

 

また、

葬儀会場が自宅以外であっても

火葬の際にはご遺体を納棺し

再度運び出す必要もあります。

 

自宅のベッドへの遺体安置は難しい?

 

さらに、マンションだったり

ベッドの設置場所が1階であっても

北枕にする必要がありますので・・・

 

葬儀の準備で忙しい中で

ベッドや家具の配置転換を

する必要もあったりします。

 

さらに、

ご遺体は処置を行っていても

体液の漏れなどが起こる場合も

否定できません。

 

⇒病院で亡くなった際の遺体の処置とは?

 

そこまでの手間をかけて

ベッドへ遺体をご安置したいと

考える方は少ないのではないでしょうか?

 

ですので、

実際にご自宅のベッドへの遺体安置を

されるケースは少ないようです。

 

ですが・・・

 

自宅のベッドへの遺体安置が

不可能かといえばそうではなく、

エンバーミングや防水シーツ等を

利用すれば可能な場合もあります。

 

ですので事前に、

メリットデメリットを考えながら

ご遺体の安置場所を決める事を

おすすめします。

 

そして、

温かい家族葬が専門の

家族葬ファミーユならば・・・

 

故人の人柄を偲ばせる

その人らしい家族葬ができるんです。

 

1日1組限定家族葬ホールであれば

ご自宅と同じようにゆったりと

最後のお別れができます。

 

心のこもった家族葬を適正価格で

おこなってくれると利用者の

評判・口コミも良いです。

 

さらに、

無料会員登録で最大15万円の割引を

受けられる制度もあります。

 

☆安心の家族葬プラン充実

☆直営葬祭場利用可能

☆最大15万円の割引制度



※最大15万円割引の無料会員登録は

「家族葬ファミーユ」公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
⇒『家族葬ファミーユ』公式サイトへ