入院していた家族の

最高血圧が60mmHg台を切り・・・

 

その後も、急激に血圧が上がったり

50~40台まで血圧が低下したり

とても不安定な状態が続いている。

 

医師からも

「予断を許さない危険な状態です」

と告げられている。

 

つまり、

血圧60mmHg以下の現在の状況は

危篤状態ということなのかな?

 

血圧60以下は危篤状態?

危篤状態の血圧低下とは?

 

最高血圧が60以下まで下がり

予断を許さない状況という事は・・・

 

それはつまり生命の危機が

迫っているという事なのかな?

 

そんな風に不安を感じているご家族も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

ではまず、血圧というのは

体の状態のどういった事を判断する

基準なのかといえば・・・・

 

心臓が全身に血液を送り出す力と

それを受け止める血管壁の圧力を

測るものです。

 

血圧は様々な要因によって

上昇したり低下したりしますが・・・

 

生命の危機に陥っている際に、

血圧が60mmHg以下まで低下して

きているという事は・・・

 

残念ながら、

とても危険な状態といえます。

 

⇒危篤時に血圧70台になったら?

 

血圧60以下はどんな状態?

 

というのも、

血液は心臓というポンプによって

全身に送り出され酸素や栄養を

届けています。

 

そして、血圧が低下し

心臓のポンプとしての役割が

弱くなってゆくと・・・

 

生命維持に必要な酸素や栄養が

全身に届けられなくなってしまい

どんどん状態は悪化します。

 

そして、

最終的には心停止に至って

しまう可能性も高いんです。

 

一般的に健康な方でも、

最高血圧が100mmHg以下であれば

低血圧と言われめまい・意識喪失が

起こりやすくなります。

 

闘病中や老衰状態で、

血圧が100mmHg以下まで低下して

いる場合は・・・

 

いつ心停止などが起こっても

おかしくない危篤状態と判断され、

家族が呼ばれる場合も多いんです。

 

ですので、

とてもつらい事ですが

ご家族の方も心の準備を

おこなっておきましょう。

 

そして、万が一に備えて・・・

 

万が一に備えた準備とは?

危篤時に家族ができる事は?

 

ご家族の容体が悪化して

最高血圧が60以下になって

しまった場合・・・

 

とてもつらいですが、

万が一に備えて準備を

おこなっておきましょう。

 

というのも、

万が一ご家族が亡くなった場合

やらなければならない手続きが

とてもたくさんあるんです。

 

こちら⇒死亡後の手続き一覧

 

また、病院で亡くなった場合は

ご家族のご遺体を預かってもらえるのは

当日中までです。

 

ですので、

半日程度で安置場所や搬送の手配を

ご家族がしなければなりません。

 

大切なご家族を失って

混乱している中で・・・

 

つらい現実を受け入れる暇もなく、

100万円~200万円の葬儀の

契約を決めなければならない。

 

それはとても大変で

つらい作業です!!

 

病院に紹介された葬儀社で・・・

 

さらに、

病院や施設で紹介される葬儀社は

病院との癒着関係にあり高額な費用を

請求されてしまう可能性も高いんです。

 

そういったリスクを避ける為にも・・・

 

生前・事前に無料の資料請求

見積もり依頼をおこなう方が

増えているんです。

 

その際におすすめなのが、

全国対応の 「家族葬ファミーユ」です。

 

「家族葬ファミーユ」

家族葬に力をいれている葬儀社で

1日1組限定家族葬ホールも

利用できます。

 

心のこもった家族葬を適正価格で

おこなってくれると利用者の

評判・口コミも良いです。

 

また、

無料会員登録で最大15万円の割引を

受けられる制度もあります。

 

☆安心の家族葬プラン充実

☆直営葬祭場利用可能

☆最大15万円の割引制度



※最大15万円割引の無料会員登録は

「家族葬ファミーユ」公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
⇒『家族葬ファミーユ』公式サイトへ