危篤状態といわれている家族が、

しきりにあくびのような動作を

くりかえしている。

 

ただ眠いのかな?

 

とも思っていたけれど、

頻繁にあくびをくりかえすので

なんだか不安。。。

 

この危篤状態あくびって、

何か体の変化を知らせるサインなのかな??

 

危篤状態のあくびの症状とは?

あくびが出るメカニズムとは?

 

 

普段あくびが出るのは、

眠かったり退屈な時ですよね?

 

では、

どうして眠かったり退屈だと

あくびが出るのかというと・・・

 

じっとしていたりすると

血流や血圧の低下が起こり

脳への酸素量が減ります。

 

そうすると、

脳の働きが低下して眠気や退屈を

より感じやすくなります。

 

その状態を改善する為に、

あくびの動作で深呼吸を行い

血圧を上昇させたり、全身に新しい酸素を

行き渡らせます。

 

そうすることで脳の働きが改善し

眠気や退屈感も改善します。

 

では、

危篤などの生命の危機の状態で

あくびが出る理由はどういった

ものなのかというと・・・

 

危篤時のあくびの理由とは?

 

命の危機が差し迫っている危篤時に

あくびをくりかえしている場合・・・

 

何らかの理由から、

血圧低下・血行不良や血糖値の下降

呼吸不全などにより脳の機能の低下が

起こっていると考えられます。

 

そういった状態の時に、

あくびをする事で酸欠状態を

少しでも改善しようという

無意識の反射・反応がおこっているんです。

 

つまり、死に向かって

脳の機能が低下している際に、

それに抗って最期の力を振り絞り

がんばっている状態なんです。

 

危篤状態のその後は?

危篤状態のその後・・・

 

危篤状態におちいりながらも

最期の力で一生懸命に生きようと

がんばっている。

 

そんな家族の姿に付き添うのは

とてもつらい事です。

 

ですが、危篤時の付き添いは

近しいご家族にしかできない

大切な役割ですので、

なるべく寄り添ってあげましょう。

 

そして危篤状態のその後は、

どのような経過をたどるのかといえば・・・

 

 

酸欠・低血糖状態であくびを

くりかえす状態がしばらく続き、

さらに酸欠状態や意識レベルの

低下が進んでゆきます。

 

また、あくびだけではなくて

呼吸が苦しそうになっていったり

意識が無くなっていく事が多いです。

 

そして、

そのまま数日~数時間で

臨終を迎えられる場合も・・・

 

ですので、

ご家族はつらいですが

心の準備をしておきましょう。

※個人の病状や体力などによって

危篤からの経過はそれぞれ

差異があります。

 

万が一に備えておく必要

 

万が一、

危篤状態から亡くなられた場合

すぐにやらなければならない事が

たくさんあります。

 

⇒死亡後の手続き一覧

 

また病院で亡くなった場合は

当日中までに葬儀社と契約をして

遺体搬送しなければなりません。

 

亡くなった後に葬儀社を選ぶ時間は

半日程度しか取れませんので、

複数社の見積もり比較などは

ほぼできないんです。

 

そうすると、

高額な葬儀費用を請求されて

しまう場合も・・・

 

葬儀費用の平均額は

200万円程度と高額な契約です。

 

ですので、事前に複数の葬儀社の

資料請求・見積もりをおこなって

適正価格の葬儀社を見つけて

おきましょう。

 

そういった際におすすめなのが

家族葬に力を入れてる

「家族葬ファミーユ」です。

 

直営の1日1組限定家族葬ホールで

心のこもった家族葬を適正価格で

おこなってくれると利用者の

評判・口コミも良いです。

 

さらに、

無料会員登録で最大15万円の割引を

受けられる制度もあります。

 

☆安心の家族葬プラン充実

☆直営葬祭場利用可能

☆最大15万円の割引制度



※最大15万円割引の無料会員登録は

「家族葬ファミーユ」公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
⇒『家族葬ファミーユ』公式サイトへ