入院中の家族の容体が急変して、

病院の医師からも危篤状態と

言われている。

 

とりあえず駆けつけて、

付き添っているんだけれど・・・

 

このまま容態が変わらなければ、

一般の面会時間を過ぎてしまう。

 

だけど、

夜間家に帰っている時に

急変してしまったら・・・

 

家族の危篤状態の際には

病院泊まる事ってできるの?

家族の危篤の際に・・・

危篤の際に病院に泊まる事は?

 

家族の容体が悪化して

危篤状態が続いているけれど・・・

 

病院の面会時間は

10時から20時までだから

一旦自宅に帰宅しなければ

ならないのかな??

 

付き添っているご家族は

そんな風に不安になるかも

しれませんが・・・

 

もしご家族の状態が

予断を許さない危険な場合は

付き添いの家族が泊まる事は

許可される事が多いです。

 

⇒家族の危篤の際に付き添いは必要?

 

宿泊を希望する際は、

早めに担当の医師や看護師に

聞いてみましょう。

 

ですが、

病状が安定してきている場合は

病院の判断で帰宅を促される

場合もあります。

 

また逆に家族としては泊まらず

帰ろうと思っているのに・・・

 

もうかなり危険な状態で、

いつ何があってもおかしくないからと

病院側から引き留められ泊まった

というケースも聞きます。

 

ですので、

危篤の際に病院に泊まるのか?

泊まらないのか?を判断に迷ったら

まずは病院側に相談してみる事を

おすすめします。

 

危篤状態で病院に泊まる際は?

 

危篤の付き沿いで病院に

泊まる場合は・・・

 

早めに宿泊人数を病院側に

伝えます。

 

そうすると広めの部屋へ

移動させてくれたり、

ベッドを用意してくれる

場合もあります。

 

※危篤状態の際は個室に移される

場合がほとんどですので、

宿泊もベッドやソファーを

準備してもらうだけの場合も。

 

家族の危篤で病院に泊まる場合

危篤状態で病院宿泊許可が出たら・・・

 

そして、

危篤状態で病院に泊まる許可が

おりた場合は・・・

 

かなり命の危険が迫っている状態と

考えられます。

 

ですので、

ご家族も心の準備を行いましょう。

 

そして、

万が一の際に備えた準備も

必要です。

 

危篤状態に準備すべき事は?

 

万が一亡くなった場合に

家族がやらなければならない

手続はたくさんあります。

 

こちら⇒死亡後の手続き一覧

 

さらに、

病院で危篤状態~臨終を

迎えられた場合・・・

 

病院にご家族のご遺体を

安置しておけるのは当日中まで

なんです。

 

ですので、数時間程度で

早急に葬儀社の手配が必要に

なるんです。

 

それって、

かなりあわただしいですよね?

 

そこで、

最近は生前から事前に葬儀社の

手配をされる方が増えています。

 

余裕をもって葬儀社を比較できれば

ご本人やご家族の希望を充分に叶える

心のこもった葬儀ができます。

 

さらに、最近人気なのが

家族葬に力を入れている

「家族葬ファミーユ」なんです。

家族葬ファミーユ」は

1日1組限定家族葬ホールが

全国で利用可能です。

 

さらに、

心のこもった家族葬を適正価格で

おこなってくれると利用者の

評判・口コミも良いです。

 

また、

無料会員登録で最大15万円の割引を

受けられる制度もあります。

 

☆安心の家族葬プラン充実

☆直営葬祭場利用可能

☆最大15万円の割引制度



※最大15万円割引の無料会員登録は

「家族葬ファミーユ」公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
⇒『家族葬ファミーユ』公式サイトへ