病院に入院している母が

危篤状態におちいったと医師から

連絡があった。

 

意識もはっきりしないし、

最高血圧も100を下回る

状態が続いている。

 

それに気になるのは、

すごく苦しそうに見える事。

 

もう回復の見込みもなく

苦痛緩和の為にモルヒネや鎮静薬を

使っているから会話もできないけれど・・・

 

もしかしたら母は

すごく苦しんでいるんじゃ

ないかって気になる。

 

それで、担当医に聞いてみたら・・・

 

「意識が混濁した状態ですし、

鎮静薬が効いていますから

苦しくないですよ!」

 

そんな風にハッキリと言われた。

 

だけど、

こんなに苦しそうな母の様子を

見た事が無い。

 

やっぱり、

苦しんでいるんじゃないかな・・・

 

どうにかしてこの苦しみを

とりのぞいてあげる方法を

知りたいんだけれど!!

 

危篤状態は苦しい?

危篤状態は本人は苦しいの?

 

死の間際の危篤状態の際に

本人は苦しいのか?

 

というと・・・

 

それは、

やはり本人にしか分からないんです。

 

医師や医療関係者の中には、

「危篤状態は脳が正常に

機能していないから苦しくない」

 

そんな風に言い切ってしまう人も

いらっしゃいますが・・・

 

ですが、

残念ながら危篤状態を経て

亡くなった方の話を聞く事は

できませんので・・・

 

実際のところは分からないんです。

 

それに、危篤状態の際に

ひどく苦しんで暴れる方も

いらっしゃれば・・・

 

全く苦しんだ様子がなく

息を引き取る方もいらっしゃいます。

 

ですがこれも、

表面的に見えているだけで

もしかしたら苦しんでいないようで

苦しんでいるかもしれません。

 

このように、

本人の苦しみは周りの医師や

家族にとっても理解する事は

できないですが・・・

 

大切なご家族が危篤状態に

おちいって苦しんでいる姿を

見守っているのご家族も・・・

 

ご本人と同じくらい苦しい

思いをされているのでは

ないでしょうか?

 

⇒危篤状態からその後はどうなるの?

 

危篤状態は家族も苦しい

家族の危篤状態の苦しみ・・・

 

大切な家族が危篤状態で

苦しんでいる姿を見るのは

家族としてもつらいものがあります。

 

私自身、

近しい家族が末期がんで危篤に陥り

その苦しみ様にを目の当たりにした際は

逃げ出したい気持ちになりました。

 

ですが、

この時にきちんと向き合って

おかなければ後で後悔して

しまうだろうと感じ・・・

 

吐き気がする思いで、

かけがえのない家族の

死の苦しみに耐えている姿に

向き合いました。

 

危篤状態で家族ができる事

 

危篤状態で医師にも

手の施しようがなく・・・

 

家族ができる事なんて

何も無いんじゃないんじゃないか?

 

そんな風に思っていましたが、

担当の看護師さんが

 

「危篤状態で会話ができなくても、

意識が無くても・・・

 

周りに誰がいるか?

どんな言葉をかけているのか?

 

ご本人はきちんと分かっているわよ。」

 

って教えてもらい、

最期の時までそばにいて

ずっと話しかけていました。

 

そして・・・

 

長い長い1日が終わり、

大切な家族は息を引き取りました。

 

危篤状態からその後・・・?

 

いつ心肺停止の状態に陥っても

おかしくない状態だったので・・・

 

長時間ずっと緊張が続き、

睡眠をとる暇もありませんでした。

 

心も体もボロボロの状態で

放心していると・・・

 

医師や看護師さんからは

お悔やみの言葉とともに

 

「申し訳ありませんが、

ご遺体を霊安室などにお預かり

できるのは当日中までです。」

 

と言い渡されてしまいました。

 

まだ亡くなってから1時間も

経っていない状況で・・・

 

大切な家族の死を悲しむどころか、

現実を受け入れられないでいる。

 

そんな中で、

24時間以内に葬儀社を決めて

遺体を病院から移動させなければ

ならない!!

 

頭の中が半分思考停止状態でも

現実は現実。

 

あわてて葬儀社の手配を

はじめました。

 

危篤状態のその後にやるべき事は?

リミットは24時間!!

 

でもその当時、

まだインターネットもスマホも

普及していなかった時代だったので・・・

 

病院に置いてあったタウンページで

手あたり次第に葬儀社へ問い合わせを

おこないました。

 

身内の葬儀なんて初めてだったので

「費用ってどのくらいかかりますか?」

と聞いたのですが・・・

 

どの葬儀社も、

「実際にどの位参列者が来るか

分からないと何とも言えない」

と曖昧な返事。。。

 

結局、

事前に見積もりを見る事もなく

葬儀社を決めてしまいました。

 

そうしたら・・・

 

最終的に30名の参列者の葬儀に

請求された金額は250万円!!

 

親族に聞いても「高い!」って

話になったのですが、

葬儀も済んでしまったので・・・

 

結局仕方なく、

その金額をお支払いしました。

 

危篤後も後悔を残さないように・・・

 

ですので、

もしご家族の危篤の際には

ご本人だけではなくご家族も

苦しい状況だと思いますが・・・

 

なるべく早めに、

万が一の際の準備をはじめて

おくことをおすすめします。

 

そして、心のこもった家族葬で

定評があるのが「家族葬ファミーユ」です。

 

 

「家族葬ファミーユ」は

全国対応・適正価格で安心です。

 

また、

事前の無料資料請求や会員登録で

葬儀費用を最大15万円値引きして

貰える制度もあります。

 

 

まずは、

「家族葬ファミーユ」で無料の

資料請求や見積もり依頼を

おこなってみると良いですよ。

 

⇒「家族葬ファミーユ」の口コミ・評判とは?