☆国内最安値のお葬式はコチラ!

※5000円割引クーポンがもらえるのは

こちらの公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⇒「小さなお葬式」公式サイト

 

 

家族の危篤状態が続いて・・・

 

付き添っている周りの人間も

緊張や不安からイライラ・ピリピリ

している。

 

危篤状態の期間が長引けば

長引くほど仕事や家事も進まないし

日常生活がかき乱される。

 

心の底で「なかなか死なない

早く死んでくれたら楽なのに

そんな風に思っている自分がいる。

 

家族の危篤状態の期間とは?

家族の危篤状態が長引いたら・・・

 

実は危篤状態が長引く場合って

結構多いんです。

 

というのも、

お医者さんや看護師さんは

家族や親族が最期のお別れに

間に合うように・・・

 

死の兆候があらわれたら、

少し早めに家族に伝えるんです。

 

ですので、

危篤状態と診断されても

一般的には余命1日~2週間程度

期間があるんです。

 

そんな中で、

家族にも仕事や家事・学校などの

日常生活があります。

 

仕事場に迷惑をかけながら

長期間お休みを貰うのは

心苦しいですよね?

 

家事が溜まって困るのは

危篤状態の本人ではなくて

周りの家族です。

 

危篤状態の家族の看病を続けながら、

その合間に普段通りの日常生活を

続けるのはとても大変なんですよね!

 

また、そういったストレスフルな

家族や親族が長期間集まっていれば・・・

 

ピリピリ・イライラが募り

ケンカや家族・親族トラブルも

起こりやすくなります。

 

危篤が続きなかなか死なない・・・

 

いつ万が一の事が起こるかと

緊張や不安感が長く続くと

心労も積み重なってゆきます。

 

それに縁や血のつながりの

ある家族だからといっても、

過去にされたひどい仕打ちや

わがまま・意地悪を思い出され・・・

 

つい、「なかなか死なない」

「早くこの世からいなくなってほしい」

そんな事を考えてしまうようになっても

おかしくはありません。

 

それは異常な事ではなくて、

どんな人でも同じようなつらい環境に

おかれたら一度は考えてしまう事です。

 

そして、

そんな風に思考が煮詰まって

しまっている場合は・・・

 

危篤のその後の準備を・・・

危篤期間中に死亡後の準備

 

家族の危篤状態が続いて

正直イライラするし、困っている。

 

長く休暇を取得したら会社にも

迷惑がかかるし日常生活にも

支障が出る。。。

 

「なかなか死なない」

「早く死んでくれないかな?」

 

そんな風に思うほどに

精神的に追い詰められて

しまっている場合には・・・

 

まずは、

一度気持ちをリセットしてみる事を

おすすめします。

 

というのも、

つらい状況に置かれてしまうと

人間はどんどん追い詰められて

しまうからなんです。

 

そうすると、

精神的な余裕がなくなり

正常な判断ができなくなって

しまうんです。

 

協力し合わなければならない

家族や親族同士がイライラ

ピリピリムードになってしまう事も・・・

 

これから、

葬儀という大仕事が待っているのに

家族や親族間でもめ事・トラブルは

避けたほうが賢いです。

 

⇒葬式で家族がもめる原因とは?

 

ですので、そういった場合には

「自分の役割は何か?」

「今、自分がやるべき事は何か?」

という事に集中して、

冷静さを取り戻しましょう。

 

危篤期間中だからこそできる事とは?

 

そこで、

家族の危篤期間中に

まずやるべき事は・・・

 

やはり、

家族との最後の時間に感謝し

有意義に過ごす事ではないでしょうか?

 

たとえ、周りの家族が

「なかなか死なない・・・

早く死んでほしい」なんて願わなくても

危篤状態の方の余命は残りわずかです。

 

ですので、まずは家族として

生きているうちにきちんと感謝を

伝えておく事もおすすめです。

 

それに、

家族から感謝を伝えられると

本人も安心してその後すぐに

亡くなるケースも多いそうです。

 

また、

生前にいがみ合っていた相手でも

亡くなってしまったら・・・

 

ケンカをする事も、

お礼を伝える事もできません。

 

ですので、

自分が遺恨を残さない為にも

きちんと感謝を伝えてスッキリと

お別れをしておきましょう。

 

そしてまた、それと同時に

万が一の際に備えた準備を

はじめておきましょう。

 

万が一に備えた準備とは?

 

危篤状態の際にやるべき、

万が一に備えた準備とは・・・

 

まず、

病院で亡くなった際は、

病院の霊安室で故人を預かって

貰えるのは当日中までです。

 

ですので、

半日程度で遺体を運んでくれる

葬儀社を探して葬儀の契約を

結ばなければならないんです。

 

葬儀費用の平均価格は

100~200万円と高額ですし、

病院から紹介された葬儀社だと

さらに割高になる事もあります。

 

⇒葬儀社と病院の癒着とは?

 

ですので、早めに複数の葬儀社の

資料・見積もりを比較して適正価格の

葬儀社を探しておきましょう。

 

また、葬儀社とのやり取りや

考える事がたくさんあって

忙しくしていると・・・

 

イライラ・ピリピリムードもつい忘れて

不思議と前向きな気持ちになってくるのを

私自身感じました。

 

ですので、まずは危篤期間中に

家族ができる準備をはじめておく事が

おすすめです。

 

そして、

そういった葬儀社の比較の際に

絶対に外せないのが、葬儀業界に

価格革命を起こした「小さなお葬式」です。

 

 

「小さなお葬式」は

全国一律料金で基本追加料金なしの

定額プランが人気の葬儀社です。

 

定額プランは安心価格14万円~で

お葬式の適正価格の目安にもなります。

 

ですので、

「小さなお葬式」の無料資料請求

見積もり依頼をおこなっておきましょう!

 

※5000円割引クーポンがもらえるのは

こちらの公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⇒「小さなお葬式」公式サイト