家族が危篤状態になったと

病院から連絡が入り・・・

 

しばらく病院に

付き添っているんだけれど、

予断を許さない状態が続いている。

 

でも、仕事も忙しい時期で

長期間の休みをとるのも心苦しい。

 

でも、

家族の最期は見届けたいから

もう少し休みを取りたいと

会社に伝えたら・・・

 

「危篤を証明できる書類を

提出してほしい」って言われた。

 

危篤を証明する書類なんて

どうすれば取得できるの??

 

危篤証明書とは?

危篤証明書って?

 

家族や親族の危篤を証明する書類の

提出を求められたんだけど・・・

 

危篤を証明する書類なんて

どうやったら取得できるの?

 

そもそも、

そんな書類なんてあるの??

 

そんな風に疑問を抱く方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで、

危篤証明書類に関して

詳しく見てゆくと・・・

 

危篤証明書の取得方法とは?

 

まず、

一般的に危篤証明書という書類は

ありません。

 

ですので、

勤務先や在学先で危篤証明書の

書式を用意してくれない場合は・・・

 

危篤状態の家族が入院している

病院などで入院の証明書類などを

作成してもらう必要があります。

 

こちらの証明書類は

1500円~3000円程度で

作成してもらえる書類です。

 

そして、

こういった危篤証明書の取得と

同時に考えなければならないのが、

危篤状態のその後です。

 

⇒危篤状態・・・その後は?

 

危篤の際にすべき覚悟とは?

 

医師や看護師などが

危篤状態と判断し家族を

呼ぶという事は・・・

 

いつ万が一の事が起こっても

おかしくない状態なんです。

 

ですので、

ご家族も万が一の際の

覚悟をしておきましょう。

 

⇒葬儀社へ連絡するタイミングはいつ?

 

そして、

家族の万が一の際に

慌てないためにも・・・

 

葬儀の資料請求など

できることをおこなう事が

おすすめなんです。

 

家族の危篤状態にできる事

万が一の際にあわてない為に・・・

 

というのも、

病院で亡くなった場合は

病院に故人を預かってもらえるのは

当日中までなんです。

 

ですので、

亡くなってから葬儀の準備を

おこなうのでは時間が足りません。

 

ですので、

危篤状態の期間中に

できる準備ははじめておく事が

重要なんです!

 

⇒損をしない葬儀の手配方法って?

 

そして、

早めに複数の葬儀社への資料請求や

事前の見積もり依頼をおこなう事で、

内容・金額ともに納得のゆく

葬儀社を見つける事ができるんです。

 

そういった葬儀社比較の中に

ぜひ含めていただきたいのが・・・

 

家族葬に力をいれている葬儀社

「家族葬ファミーユ」です。

「家族葬ファミーユ」は、

直営の1日1組限定家族葬ホールが

全国にあります。

 

また、

心のこもった家族葬を適正価格で

おこなってくれると利用者の

評判・口コミも良いです。

 

さらに、

無料会員登録で最大15万円の割引を

受けられる制度もあります。

 

☆安心の家族葬プラン充実

☆直営葬祭場利用可能

☆最大15万円の割引制度



※最大15万円割引の無料会員登録は

「家族葬ファミーユ」公式サイト限定です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
⇒『家族葬ファミーユ』公式サイトへ