若い頃から元気が取り柄だった

母が急に弱ってきていて・・・

 

もしかしたらガンとか

悪い病気なんじゃないかと思って

病院に連れて行った。

 

そうしたら医師からは、

「どこも悪い所は無いですが

もうご高齢ですから老衰でしょう」

そんな風に診断された。

 

そんな風に安心したのもつかの間、

母の実の姉が老衰で亡くなったと

連絡が入り・・・

 

急に不安になってきた。。。

 

もしかしたら母も

このまま老衰死してしまう

可能性もあるの?

 

老衰死の前兆症状とは?

 

老衰死の症状とは?

 

老化・老衰は人間の遺伝子に

生まれながらにプログラミング

されているものです。

 

ですので、

もし病気などをせず健康に長寿を

全うされた方が最終的に老衰に至り

死を迎えます。

 

また、病気による死亡に比べ

ご本人の苦痛が少ない亡くなり方と

言われています。

 

ですので、

ご家族としてはおつらいでしょうが

なるべく悲観的にならず

自然の流れに任せましょう。

 

では、

実際に老衰でお亡くなりになる場合

どういった経過をたどり亡くなるのか?

 

ご家族として心構えをするためにも

知っておきたいと思われる方も

多いと思います。

 

そこで、

老衰死1か月前~臨終に至るまでの

経過を時系列で見てゆきましょう。

 

老衰死までの経過とは?

老衰死1か月前の前兆症状

 

◎意欲の低下・ボーとしている

◎だるそうにしている

◎声をかけても反応が悪い

◎食欲の低下・食べれない

◎便秘症状が悪化する

 

老衰死1週間前の前兆症状

 

◎声を掛けると反応する

◎モゾモゾ落ち着かない様子も

◎顔色が青白かったり紅潮

◎血圧が不安定になる事も

◎汗をじっとりかく事も

◎呼吸が荒い・苦しそう

 

老衰死数日前の前兆症状

 

◎意識がほとんどない状態

◎顔色が黄色・黄緑色

◎血圧の低下・上昇・乱れ

◎便や尿の量や回数が減ってくる

 

老衰死当日の前兆症状

 

◎意識がほとんどない状態

◎顔色が黄色・黄緑色

◎血圧の低下・測定不能

◎尿が出ない・タール便

◎下顎呼吸

◎呼吸数の低下・停止

 

老衰死はこういった経過を

たどる場合が多いようです。

 

ですがこれはあくまで目安で

ご本人の年齢や体力によって

時期や期間・症状の出方に差異が

あります。

 

ですので、元気だった方でも

こういった期間を経ずに

数日で老衰死に至る場合も

あります。

 

ですので、

まだ1か月前の状態だからと油断せず

担当医と相談しながら様子を見守って

ゆきましょう。

 

そして、

ご家族は万が一に備えて

なるべく早めの準備を

おすすめします。

 

老衰時に家族ができる事とは?

 

というのも、

亡くなってからは・・・

 

死亡後の手続きや葬儀などの

大量の雑務をこなす必要が

あるからなんです。

 

こちら⇒死亡後の手続き一覧

 

それも、

死亡診断書作成や葬儀社の決定は

亡くなってから大体半日以内に

行わなければなりません。

 

これってかなり、

慌ただしいんです!

 

さらに葬儀費用の平均価格は

100万~200万円程度と

高額な契約です。

 

たった半日で200万円の契約を

するのは不安ではありませんか?

 

そこで、

事前・生前に複数の葬儀社の

資料請求や見積もり依頼をおこなう方が

増えているんです!

 

その際に、

葬儀の適正価格を調べるのに

おすすめなのが・・・

 

これまでの不透明な葬祭業界に

価格革命を起こしたといわれている

「小さなお葬式」です。

 

明朗見積もり・追加料金なしの

(追加オプション等を除く)

14万円~の定額プランが人気です。

 

お葬式にはお金をかけずに、

家族に多くの遺産を残したいと

望まれる方にも選ばれています。

 

☆定額プラン(追加料金不要)

☆コストパフォーマンス◎

☆早割で6万6千円割引

 


※『小さなお葬式』公式サイトからの

無料の資料請求で割引券が貰えます

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

こちら⇒『小さなお葬式』公式サイトへ