長く患っていた父が 危篤状態におちいってしまい・・・   医師からも 「覚悟しておいてください」と 告げられている。   それで、 もし万が一のことがあったら 喪主は長男である自分に任せ […]